技能実習生

これからの外国人材について考える〜日本の人材不足問題と技能実習、特定技能で働くベトナム人

コロナ禍の現在でも、街中で外国人が働いている姿を目にします。コンビニ、飲食店、ホテル、工場、介護施設など、今や外国人の存在は私たちの生活の中で当たり前となっています。特に地方では労働力不足が顕著で、外国人労働者の存在なしには経済が回らない、という問題も出てきています。 日本の経済に必要不可欠となった外国人材。その中でも注目すべきは技能実習と特定技能ビザで働くベトナム人の増加。

知っているようで知らない?!「外国人技能実習制度」〜在留ベトナム人はどんな制度で働いているの?

ニュース等で「技能実習生」という単語を耳にする機会が増えましたが、実際にどのような制度なのかご存知ですか? どんな制度で、どんな人がその制度を利用しているのか、どんな人が働いているのか、そしてどんな問題点があるのか…。 単語は耳にしているからなんとなく知っているような気がしますが、実際にはよくわからない技能実習制度。 今回は、技能実習制度について詳しく見ていきましょう。

日本で働くベトナム人を知る〜“技能実習”と“特定技能”の違いを知っていますか?

日本で働くベトナム人は年々増加しています。 在留ベトナム人の多さは日々の生活で実感する機会もあると思いますが、日本で働くベトナム人はどんな資格で働いているかをご存知ですか? 「技能実習生」「特定技能」ニュースでよく耳にする単語ですが、どんな違いがあるのか、実際に説明するとなると難しいですよね。 今回は多くの在留ベトナム人が日本で働くために取得するビザ「技能実習」と「特定技

ページトップに戻る