ニュースピックアップ

健康志向が進むベトナム!注目度が高まる健康食品市場 

 

近年、ベトナムでは健康志向が高まってきています。経済発展に伴う中間層、富裕層が増加するにつれ、健康食品市場が急成長しています。新型コロナウイルスの影響もあり、ますます健康志向に拍車がかかっている状況です。

特に日本製のサプリメントは人気が高く、日本旅行のお土産としてサプリメントのリクエストは多いようです。

今回は、健康志向が進むベトナムで大注目の健康食品市場をご紹介します。

 

ベトナムの健康志向が進んだ要因

 

ベトナムで健康志向が進むようになった理由として、経済発展が挙げられます。経済が発展することにより

 

・所得の増加による中間層、富裕層の増加

・環境汚染が問題として取り上げられるようになった

・肥満率の上昇

 

こういったことが健康志向を高める要因となっています。

 

所得の増加

 

所得が増加することにより、健康に対して予防的にお金を払える層が増えてきました。ベトナムの超富裕層人口は2019年〜2023年の5年間で+31%増の見通しもあるほどです。2030年には全世帯の49%が中間層になるとも言われています。

 

環境汚染の影響

 

ベトナムでは経済の急激な発展により、排気ガスの増加、川や土壌汚染などの問題が大きくなっています。空気汚染の対策としてバイクに乗る人々はマスクを着用するのが当たり前となっており、汚染された魚や肉を食べることによる健康被害がニュースで取りあげられることも。

このような背景から、健康志向が高まり、健康食品市場が拡大しています。

 

海外の食生活が生活に根付き、肥満率が上昇

 

 

ベトナムでも他国の例に漏れず、食の欧米化が起きています。ベトナム各地にファストフードのチェーン店が進出しており、また、スナック菓子や砂糖入りの炭酸飲料が子供にも広まっており、肥満率が上昇しています。

もともとベトナムはビールの消費が東南アジアでトップ。世界的に見ても9位の消費量です。ビール好きの国民性も肥満率上昇の要因となっています。

さらにバイク文化のベトナムは、家から出先までバイクに乗って移動するため、ほとんど歩く機会が無く、このバイク文化が運動不足に拍車をかけています。

細身の体型のイメージが強いベトナム人ですが、近年は肥満率が上昇しており、人々の健康にも影響が出始めています。

 

いつからベトナムの健康食品消費者が増えた?

 

ベトナムで健康や未病予防の意識が高まってきたのは2008年ごろから。

ベトナム国内の健康食品消費者数は2005年から2010年の間で約5倍(100万人から570万人)に増加しています。市場成長率はASEANで1位にもなりました。2015年の市場規模は1,900億円にものぼります。

 

ベトナムで人気のサプリメント

 

ベトナムでは、スピルリナが圧倒的人気を誇ります。ベトナム人の間ではがんの予防にスピルリナが良いと言われており、人気の高いサプリメントです。日本のお土産としてスピルリナを大量に購入して個人で販売することもあるようです。

もちろん、一般的なビタミンやミネラル、カルシウムなどの定番商品も広い年代に浸透しています。

 

女性に人気なのはやはりアンチエイジングや美肌効果が期待されるサプリメント。コラーゲンやプラセンタなどの美肌関連商品は注目度が高いです。

 

ベトナム国内の企業以外にも、日本製、アメリカ製、韓国製の商品の人気が高くなっています。

 

日本のサプリメントが人気

 

親日家の多いベトナム人は、日本のライフスタイルへの憧れがあり、メイドインジャパンの商品に対して高い信頼があります。日本製のものでは、サプリメントはもちろん、子供向けの食品や、赤ちゃんのオムツや粉ミルク、高齢な親や祖父母への高級な健康食品などが人気です。

 

健康食品市場の問題

 

健康食品市場では、偽物が多く流通していることが問題となっています。ベトナムの消費者も偽物の商品を購入することを避けたいと思っており、そのために信頼できる日本製の商品を求めているのです。

日本へ留学や就職したベトナム人は、日本製のサプリメントや薬、ベビー用品などを大量に購入して自国へ持ち帰ります。

 

健康食品はどこで購入する??

 

ホーチミン市やハノイ市を中心とした都市部では、近代的なドラッグストアの店舗数が増加傾向しています。安全性、品質を重視する消費者は信頼の置ける近代的なドラッグストアでサプリメントなど健康食品を購入しているようです。

 

また、健康食品や美容関連の商品はECサイトでも多く購入されています。ベトナムの商工省によれば、健康食品や美容関連の商品のカテゴリは、トップの電子機器に次いで、2番目に最も購入されているカテゴリーになっているそうです。

 

増加する日本企業のベトナム健康食品市場への参入

 

ベトナムの健康食品市場は注目の市場であり、近年、日本企業の参入が増加しています。

日本よりも商品の表示規制が厳しくないため、明確な機能性表示ができ、商品の魅力を強く訴求できるのも参入にとってプラスになっているようです。

参入のハードルが低い通販のシステムが整っていることも要因の一つになっています。

 

急成長するベトナムのEC市場!〜世界から注目されるベトナムのECビジネスを知る

 

ベトナムでは近しい人からの口コミが重要

 

ベトナムでの人気商品は、多くが口コミで広まったとされています。日本の人気健康食品も、知人や友人、家族などからの情報が元となり、FBをはじめとするSNSでシェアされることで広く認知されたようです。

 

 

コロナ禍でも経済発展著しいベトナムでは、付加価値の高い商品が売れています。

生活水準が高まるにつれ、健康に対する意識も向上し、健康食品市場はこれからもますます成長する分野として注目されています。

ベトナムの流行を知り、ビジネスチャンスを逃さないようにしましょう!

こちらの記事もご参照ください。

 

ベトナムのキャッシュレス化はどのように進んでいる?〜ベトナムの電子決済を知ってインバウンド対策〜

 

 

 LOCOBEEでは、ベトナムに関するビジネスの支援を行なっています。

 

「アフターコロナに向けてベトナム人にアプローチしたい」

「日本語をベトナム語に翻訳をしてほしい」

「ベトナム人に向けて観光地や自社商品をPRしたい」

「今からできるベトナムのインバウンド対策を考えたい」

 

など……

ベトナムに関することならなんでもご相談ください!!

 

在留ベトナム人に向けたアプローチも、コロナ禍の今、注目されています。

訪日ベトナム人への種まきも、今がチャンスの時期です。

日本とベトナムの架け橋になるべく、ベトナムを対象としたビジネスをお手伝いします。

まずは資料のご請求を!!

 

 

関連記事

Tags
Back to top button
Close