記事一覧

Важность независимого мнения профессиональных экономистов и бизнес-консультантов

В мире современного бизнеса и экономики, где принятие важных решений может иметь огромное значение для успеха компании, независимое мнение профессиональных экономистов и бизнес-консультантов становитс

ハノイは東京?ホーチミンは大阪?ベトナム南北の違いあれこれ

ベトナムに進出する際、また、ベトナム人を採用する際、インバウンド対策を考える際など、対象の特徴を知っておくことは大切です。 ベトナムは日本のように南北に長い国土を持っています。 日本も東京と大阪で人々の特徴や文化が異なるように、ベトナムもハノイとホーチミンではさまざまな違いがあります。 ベトナムは南北に長く伸びる国土から、北部と南部で気候が異なります。気候の違いから、さま

日本人とどう違う?ベトナム人の国民性と特徴

ベトナム人は日本人や日本企業と相性が良いと言われていますが、ベトナム人の国民性とはどのようなものなのでしょうか? ベトナム人の採用や、インバウンド対策でベトナムをターゲットとする際の施策などを行うならば、ベトナム人の国民性や特徴は、知っておくべきポイントです。 ビジネスターゲットの国の国民性を知ることで、どのようなアプローチが効果的なのか、どんな方法でビジネスを

新旧入り混じるベトナムの首都!ハノイの地区の特徴

ベトナムの首都、ハノイ。 ベトナムのビジネスを考えるのであれば、一度は首都、ハノイを訪れることがあるでしょう。 ハノイには国会・最高裁・官公庁が集中しています。ハノイはベトナムの政治・文化の中心になっており、ホーチミンとはまた違う雰囲気の都市です。 以前の記事でホーチミンの地区についてご紹介しましたが、ハノイも地区によって特徴が異なります。 今回はハノイの地

ベトナムの首都、ハノイについてどれだけ知ってる?ハノイの基礎知識

ベトナムと聞いて思い浮かぶ都市といえば? ホーチミンがまず第一に挙がる人も多いのでは。 ベトナムを観光で訪れる人の半数以上がホーチミンを目的地とするため、ホーチミンの情報はたくさんありますが、ハノイについての情報は少なめ…。 しかし、ベトナムの首都はハノイです。ビジネスを考えるならば、ベトナムの政治の中心であるハノイを知っておく必要があります。 今回は、ベトナムの首

ビーチリゾートだけじゃない!ベトナム第3の都市「ダナン」注目ポイントを解説!

世界でもビーチリゾートとして人気の都市、ダナン。 コロナ禍前は日本からの直行便も出ており、2泊3日の短期間でも楽しめるアジアのリゾートとして人気が高まっていました。 ビーチリゾートのイメージをする方も多いかもしれませんが、ダナンは実はベトナム第3の都市。 今回は、ビーチリゾートだけではない注目ポイントも含め、ダナンについてご紹介します。 ダナンについて

地区ごとに違う!ベトナム主要都市「ホーチミン」エリアの特徴③(その他)

ビジネスターゲットである土地の特徴を知ることは重要です。 ベトナムで最大の都市、ホーチミンは、16区、新都市1市、郊外県5県の構成となっていることはご存じですか? 日本でも大きな都市にはエリアごとに特徴がありますね。 ショッピングで有名な銀座エリア、下町で知られる上野エリア、住宅街の練馬エリア、自然豊かな多摩地域など…全く街の雰囲気が異なりますよね。 異なるエリアの

地区ごとに違う!ベトナム主要都市「ホーチミン」エリアの特徴②(7区〜12区)

大都市は、エリアや区ごとに特徴があります。 ベトナムで最大の都市ホーチミンは行政区画が設定されており、市街地区と郊外県に分けられています。 区は市街化されており、1区から12区までは数字の区番号、区番号の付かない7つの区はビンタインやゴーヴァップなどの地名がついています。 郊外の5つの県は多数の村や町から成り立っており、農業が盛んです。 前回はホーチミンの中

地区ごとに違う!ベトナム主要都市「ホーチミン」エリアの特徴①(1区〜6区)

大都市は、エリアや区ごとに特徴があります。 東京であれば銀座や渋谷、原宿、浅草、秋葉原、新宿など、エリアによって全く違う雰囲気がありますね。 ベトナムの都市でも同じように、エリアごとに特徴が異なります。 今回は、ベトナムの代表的な都市、ホーチミンのエリアについて、特徴をご紹介します。 ベトナム最大の経済都市!ホーチミン 面積‥2095㎢(東京都と殆ど同じ) 都市

【ベトナムビジネスの必須知識!】外国人はベトナムの不動産を購入できる?

ベトナムに対するビジネスを進めるには、まずはベトナムという国を知ることからスタートです。 不動産の動きはその国の経済状況を反映します。ベトナムでのビジネスを考えるなら、ベトナムの不動産について知っておくのも大切です。 ベトナムは世界でも5か国しかない社会主義国。社会主義国ということで、不動産についても他国とは異なる点があるでしょう。 私たちは社会主義国であるベトナムで不動産を購入

kaiin toroku

登録無料!LocoBeeの会員になって、便利でお得な特典をゲットしよう!

LocoBeeの読者の皆さん、こんにちは! いつもLocoBeeをご利用いただきありがとうございます。 LocoBeeは、日本、ベトナム、その他世界中の多くの国に住む日本ファンの皆さんのために、日本に関するニュース、文化、料理、ショッピング、旅行などの情報を発信するWebマガジンです。 今回、LocoBeeに会員限定の便利でお得な特典・コンテンツが登場しました。会員登録は完全無

【重要メモ!】ベトナムビジネスをするならば一度は訪れる…かも?!日本とベトナムの大使館・領事館一覧

ベトナムでビジネスをするにも、日本でベトナム向けのビジネスをするにも、大使館や領事館へ訪れる機会はきっとあるはず。 それぞれの役割や、何ができるのか、どんな手続きをするのか、知っていますか? いざ、という時に困らないよう、日本とベトナムの大使館、領事館をまとめました。 大使館とは? 大使館は英語でEmbassy 「大使館」とは「大使を長とする在外公館」

【ベトナムビジネスに必須!】ベトナム基礎知識④ベトナムの政治に関して注意すべきこと

社会主義国であるベトナムについて、どれくらい知っていますか? 世界でも5カ国しかない社会主義国。未知の部分が多いイメージかもしれませんね。 ベトナムをビジネスターゲットとする企業、自治体は年々増加傾向です。 違いを知り、お互いの文化を理解するところからビジネスはスタートです。 前回は、ベトナムの政治体制についてお伝えいたしました。 今回は、ベトナムの政治に関し

ページトップに戻る