ビジネス

ビジネスマナー「クールビズの着こなしルール」

ビジネス

近年、さまざまな企業で定着しているクールビズですが、実は詳しいルールが良くわからない!そんな方の為に、夏に備えてクールビズの着こなしルールをご紹介します。

 

クールビズとは?

地球温暖化対策の一環として、2005年から日本政府が提唱する、冷房時の室温28℃を目安に夏を快適に過ごすライフスタイル。

冷房エネルギーを節約するため、ネクタイをせず半袖シャツを着るなど、涼しい姿で事務所で働くこと。また、その服装のことをいいます。

 

クールビズスタイルの期間

51日から930日までが一般的なクールビズ期間となります。

 

クールビズの基本的なスタイル

ノーネクタイ、ノージャケットが基本的なスタイルです。

男性のクールビズで注意したいのが、ワイシャツの代わりに着るポロシャツ。

カジュアル感が強いため、業種によってはNGとなります。

そのほか、Tシャツ、タンクトップ、ハーフパンツ、デニム、サンダルなどはNGとなる事もあります。

業種や会社の傾向によって変わってきますので、事前に会社に確認しておくといいでしょう。

クールビズのポイントは、「涼しくカジュアルだけど、ラフすぎないこと」です。

良い素材を選ぶと、清潔感、きちんとした感じが出せますよ!

 

クールビズの注意点

職場によってクールビズのルールは異なります。営業で外回りをするかによっても選ぶ服が違ってきます。クールビズスタイルをする際は、どの程度まで涼しい服装にして良いのかを、まずは職場のルールを確認するのが良いでしょう。

ビジネスファッションは相手に不快感を与えない着こなしが一番大切!涼しく過ごせるクールビズは、ついついラフな着こなしになりがちですが、あくまでもビジネスシーンの服装であることを忘れずに着こなすことがポイントです。

 

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • Pinterest
RELATED POST

ページトップへ