TIPS

おみくじを引いてはみたけれど……?「おみくじ」について教えます!

TIPS

 

 

日本の観光で、神社仏閣に行く機会もありますよね。
そこで気になるのが「おみくじ」

 

 

日本人の私たちも、実はイマイチわからない事も。
今回は改めて「おみくじ」について調べてみました!

 

 

 

■そもそも、おみくじって何?

おみくじは、昔、後継者選びや、国の祭事・政といった
重要事項を決定する際、神様の御声を聴くための道具
として用いられていた”籤(くじ)”が起源だと言われています。

現在では、個人の運勢や吉凶を占うために用いられています。

初詣の際におみくじを引いて、その年の運勢を占う、という人も多いですよね。

 

 

■おみくじの「縁起の良い順番」って?

やっぱり気になる、運勢。
できれば縁起が良い方がいい。

今回は、一般的な2つの順番を紹介します。

 

①大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶
②大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶

 

大・中・小・末 の順番は変わらないのですが
「吉」は一体何番目に良いのか…?
寺社によっても異なるようですので、詳しく知りたい場合は直接聞いてみて下さい!

 

 

 

■順番よりも大切!おみくじの内容

おみくじの順番で一喜一憂。
もちろんそれもおみくじの楽しみ方です。

けれど本当に大切なのは、そこに書かれている内容!
おみくじに書かれているのは、神様、仏様からのアドバイス。

大吉だからと言って、良いことばかり書いてあるわけでもありません。
凶だからと言って、悪いことばかり書いてあるわけでもありません。

おみくじに書かれたメッセージを
これからの生活に活かしていく。
おみくじに書かれている事は
良い方向に進んで行くための、神様からのアドバイスなのです。

 

 

 

■おみくじは結ぶ?持ち帰る?

おみくじを引いたら、結ぶのか、持ち帰るのか。
実はどちらでも良いのです。

「結ぶ」という行為は「神様・仏様と縁を結ぶ」という意味合いがあります。

おみくじ自体に、神様・仏様からのメッセージ、という意味合いがある為、
お守りや戒めとして身に付けるのも良しとされています。

 

 

 


おみくじは、その時のあなたに『必要な言葉』を授けてくれるメッセージ。
最近は、英語でのおみくじも増えてきています。

 

 

 

せっかくならば
しっかりと神様からのメッセージ、受け取って下さいね!

 

 

 

 

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • Pinterest

RELATED POST

RANKING

FACEBOOK

ページトップへ