歴史と文化を感じる観光地。”小江戸”に行ってみよう!

「江戸のように栄えた町」といった意味合いで呼ばれる「小江戸」。繁栄や活気を感じさせる歴史ある建物、古き良き町並みが残り、今でも観光地・デートスポットとして多くの人で賑わっています。

暖かくなって旅行欲が盛り上げるこの季節に合わせ、都心から日帰りで行ける「小江戸」をご紹介していきます。現代の都市とはちょっと違った、かつての都市「小江戸」へ行ってみませんか?

 

小江戸その1【武蔵国】埼玉県川越市

出典:http://e-mono-jp.net/?page_id=1188

 

都内から1時間ほどで行ける人気の観光地、埼玉県川越市は代表的な小江戸です。城下町として栄え、今でも商人の町を思わせる蔵造りの建物が立ち並んでいます。明治に起こった大火災のあと、防火対策のためにと蔵造りの建物が多く建てられたそうです。今でもその建物群が残り、「これぞ小江戸!」という世界観が味わえる町並みです。神社や寺院、遺跡跡など観光名所もたくさんあり、1日楽しめちゃいます!

 

出典:http://cherry5251.pixnet.net/blog/category/91189

 

こちらは川越の中でも人気の名所「菓子屋横丁」。石畳の道に軒を連ねる駄菓子屋さんが、なんとも懐かしくあたたかい雰囲気!ついつい童心に戻って、目が輝いてしまいます。色とりどりの駄菓子やおもちゃが並んでいるので、写真映えも◎。

 

<川越市公式ホームページ>
HP: https://www.city.kawagoe.saitama.jp/

 

 

出典:http://www.kawagoe-kankou.net/sweets/

 

川越は食べ歩き観光もできちゃう「小江戸」です。女子におすすめなのが、スイーツ食べ歩き。お団子やわらび餅、アイスクリームなど和洋さまざまなお店が並んでいます。とくにチェックしておきたいのは、産地として有名な"さつまいも"を使ったスイーツ。さつまいもアイスや、プリン、どら焼きなど、ここでしか食べられない絶品スイーツに出会えます。町をプラプラ歩いているだけでも話題がつきないのでデートにもぴったりですよ!

 

 

小江戸その2【下野国】栃木県栃木市

出典:http://booaki.blog105.fc2.com/blog-entry-1261.html

 

栃木県の南部に位置する栃木市は渡良瀬川・思川・巴波川・永野川などの河川を有する自然豊かな土地。宿場町として栄えていた江戸時代に、市内を流れる巴波川(うずまがわ)を活用した交易で商人の町としても発展を遂げた町なんだそう。蔵造りの建物が並び、「蔵の街」としても名高い栃木市は川越に次いで、有名な「小江戸」です。黒塗りの見世蔵や板塀が残る町並みと、町の発展を支えてきた河川が今でも残る栃木市は、日本の歴史と江戸の活気を感じられる場所。東京から1時間ほどで行けちゃうので、週末の日帰り旅行も可能!

 

出典:http://4travel.jp/travelogue/11085431

 

町のシンボル的存在、巴波川では遊覧船に乗ることもできるんです。船の上から眺める「小江戸」の景色はまた一味違った風情がありますよ。船頭さんの唄を聴きながら江戸時代にタイムスリップしちゃってください!

 

<蔵の街遊覧船>
HP:http://www.k-yuransen.com/

<栃木市観光協会>
HP:http://www.kuranomachi.jp/

 

 

小江戸その3【下総国】千葉県香取市佐原

出典:http://4travel.jp/travelogue/10786282

 

水郷の町とし名を広め、市内を流れる小野川を中心に「江戸優り」と言われるほど栄えた千葉県香取市佐原。川沿いを中心に古くから残る建物が並び、「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれたほど歴史ある景色が広がっています。豊かな自然に囲まれたこの土地では、関東屈指とされる山車祭り、「佐原の大祭(夏・秋開催)」も有名です。約300年の伝統が続く佐原の山車祭りは「ユネスコ無形文化遺産」に登録されるほど!自然と江戸文化、そして伝統行事が盛りだくさんの「北総の小江戸」、興味が湧きますね!

 

出典:https://www.pref.chiba.lg.jp/

 

歴史的偉人、伊能忠敬が30年余りを過ごしたという家、「伊能忠敬旧宅」。商人としても有名な伊能忠敬が醸造業などを営んでいた土蔵造りの当時のお店や書院などが残っている貴重な建物です。佐原に行ったらぜひ行ってみてください!

 

<香取市公式ホームページ>
HP:https://www.city.katori.lg.jp/index.html

 

 

「小江戸」の町並み、いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した「小江戸」は、埼玉・栃木・千葉と、どちらも東京から日帰りで行ける関東の人気観光地です。晴れた日の週末には、ふらっと江戸時代までタイムスリップしてみませんか?

 

 

Edit & Text:deco

<PROFILE>
動物に囲まれて育ち、心にカウベルつけたまま上京したカントリー娘。おしゃれも美容も人並みに好きですが、何といってもマンガとアニメが大好物で、好きなものの7割はオタクカルチャーが占めている。